テレビドアホンの取り付け方

テレビドアホンの取り付け方(工事)

 

テレビドアホンの取り付けは、自分でできる場合と、電気工事が必要となる場合の2種類あります。

 

 

自分でできるのか、業者に頼むのか判断する

元々あったインターホンをネジなどをはずして取り外してみて、
通信線と呼ばれる2本の線と繋がっているかを確認します。

 

 

通信線が見当たらない場合や、特殊なタイプのインターホンで、
通信線がない場合には、やはり業者などに頼むしかありません。

 

 

それに加えて、電源をどこから取っているかのか確認します。

 

電源を電池に頼っていたり、コンセントにつないであったりした場合には、自分で取り付けが可能です。

 

AC100V電源に直接接続している場合には、
電気工事士の国家資格を持つ技術者が工事しなければなりません(法律で決まっています)。

 

 

電源部分が他用途に使われていたり、特殊な電源仕様だった場合にも
自分でやるのは危険なので、業者に電気工事を依頼しましょう。

 

 

電源が電池式やコンセント式で、自分で取り付けが可能な場合には、自分で工事可能です。

 

 

ここまでの説明で、何を言ってるのか理解できない場合にも、
業者に依頼しましょう。

 

100V電源に直接接続する工事などは、
感電や火災の危険性があり、下手をすると大事故を招きます。

 

 

玄関側のインターホンの取り付け

まず玄関側の装置を設置します。

 

2本の通信線を、新しい玄関側インターホン内部の通信線取り付け位置に接続します。

 

しっかりカバーなどをして、取り付けを行えば、玄関側インターホン部分は完成です。

 

 

室内側のモニターの取り付け

次にテレビドアホンの場合には、モニター(室内側のディスプレイ)も取り付けを行わなければなりません。

 

モニターは、玄関側インターホンと同じように、通信線用の配線を取り付ける部分に通信線を取り付けて、
モニターを固定する金具にモニターを取り付けます。

 

それから、電源を入れて、ちゃんと機能するかどうかの確認を行い、ちゃんと動作すれば、テレビドアホンの取り付けは完了です。

 

基本的には、簡単な工事です。

 

注意

電源をコンセント、電池以外から取るタイプのテレビドアホンの設置は
必ず関連する国家資格を持つ業者に依頼して下さい。

 

資格を持たない素人さんが設置している例が、
ときどきブログ等に書かれていますが、大変危険です。

 

感電や火災の恐れがあります。

スポンサード リンク

 

テレビドアホンの取り付け方関連ページ

価格
テレビドアホンの価格傾向をご紹介します。価格は機能とブランド力で決まります。
選択のポイント
テレビドアホンを選択するポイントは、録画機能など利便性、防犯性能と、安心感をもたらすブランドです。
カラータイプのメリット
テレビドアホンは、モノクロよりもカラータイプがお勧めです。訪問者がはっきりと見えます。モノクロタイプを選ぶ理由はありません。
ワイヤレスのメリット
テレビドアホンは、ワイヤレスタイプがお薦めです。 訪問客の来訪時、ワイヤレスの子機で対応できるので、非常に便利です。